健康管理システムはデータ管理から活用の時代へ。

クラウド健康管理システム「LIFEDESK」が更なる進化を遂げてバージョンアップ。

従来機能はそのままに、生活習慣調査、従業員意識調査を加え、組織、従業員一人一人の健康リスクを点数で表示させる、スコアリング機能を追加致しました。

スコアリング機能は、健康リスクを総合判定するだけではなく、こころ、からだ、せいかつ、3つのカテゴリごとにリスクを点数で表示される仕組みになっており、どのカテゴリに健康リスクが潜んでいるのかが一目でわかる、画期的なサービスになっています。
健康リスクを見える化することで、どの分野の健康施策からはじめたら良いのか、総合的に判断することができます。

LIFEDESKの特徴


スコアリング機能(健康リスクの見える化)

組織、従業員一人一人の健康リスクを100点満点で判定します。健康リスクは、総合判定以外に、こころ、からだ、せいかつの、3つのカテゴリに表示され、どのカテゴリに健康リスクが潜んでいるのかが一目でわかります。

▼組織分析結果表画面


▼個人分析結果表画面

▼個人結果一覧表画面

▼LIFEDESKトップ画面(従業員画面)

からだ、こころ、勤怠の3つのデータを一元管理

LIFEDESKでは年1回の法定健診結果・ストレスチェック結果を勤怠と合わせてデータ保管致します。今まで、それぞれが個々に保管されていたことで、産業医様・保健師様が従業員の状態を正確に把握することが難しい状況でしたが、一元管理することで、必要な情報を他データと連携して確認することができ、面談・指導業務に役立てることが可能です。また、人事・労務担当者様においては、データ保管業務や産業医様・保健師様との連携業務の手間を軽減致します。

 

レスポンスの良いチャット機能を実装

事業者様と契約されている産業医様・保健師様が、企業担当者様を介さずにリスクのある従業員とチャット上で直接やり取りすることで、タイミングよく声をかけるなどの対処が可能です。

生活習慣調査アンケート(画面)

▼生活習慣調査アンケート画面

従業員意識調査アンケート(画面)

▼従業員意識調査アンケート画面

従業員毎にデータで蓄積

健診結果・ストレスチェック結果・勤怠をデータ管理することで、従業員自身の経年データを社内のPCはもちろん、ご自宅のPCなどで確認することが可能です。経年で振り返ることで、改善と悪化の気づきが得られ、健康に対し意識を促します。

 

さまざまなビジネスパートナーとの連携で提供するオプショナルBPOサービス

保管されている紙の健康診断結果のデータ化。産業医・保健師の紹介業務。従業員や保健師向けの研修セミナー。健康づくりイベントの企画・実施・運営サポート等、様々なビジネスパートナーとの連携でBPOサービスをオプションとして順次ご用意し、各企業の取り組みを支援致します。

お知らせ